Lagoon staff blog

プランニングオフィス・ラグーンのスタッフが配信します

【名古匠コラム】産業用テントから小さなカバンまで、テントの魅力を最大限に引き出す匠



なごやのつくりてvol.2 丸八テント

 

こんにちは!暑い日が続きますね。ラグーンの平野です。
 
外も暑いですが、、、。
先日、暑い志を持った方々が活躍する、
丸八テントさんにおじゃましてきました!
 

f:id:lagoonblog:20180806170218j:plain

 
丸八テントさんは、ここ名古屋の地で60年テントを造られているそうで、
産業用から家庭用のテントはもちろん、テントの生地を使った小さなカバンまで、
愛知周辺のテントはほぼ、こちらで施行されているんだとか。
 
 
2015年に建てられた岐阜の図書館「みんなの森ぎふメディアコスモス」でも、
丸八テントさんのランプグローブを見ることができます。
 

f:id:lagoonblog:20180806170312p:plain

※丸八テントさんインスタグラムよりお借りしました
 
 
とっても素敵ですね〜。
私も以前伺ったことがあるのですが、空間の浮遊感が心地よく、感動を覚えました。
こちらのランプグローブは、なんとひとつひとつ手仕事で作られているのだそうで、
どおりであたたかみが伝わって来るわけだなあ、とまた感動。
 
 
さてさて、
そんな丸八テントさんですが、社内はどうなっているかというと、、、
若い社員さんがたくさん!
 
活気があるなあと思いながら名刺交換をしてビックリ、
なんとインターン生だったのです。
 

f:id:lagoonblog:20180806170541j:plain

 左:インターン生48代目だという佐藤さん。 右:人事の窓口や教育を担当するインターン生、清家さん。
 
 
 
 

f:id:lagoonblog:20180806170646j:plain

 
「丸八テントは、半年の長期インターンを実施しています」
 
 
今回お話を聞かせてくださったのは、ご本人も初代インターン生だったという、
丸八テント セールスエンジニアの丹羽さん。
 
もともとは、何か新しいプロジェクトを立ち上げようとしたときに、
社員だけではなかなか一歩踏み込めない・・・じゃあ若い力を取り入れよう!
という代表の思いから始まった取り組みなのだそうです。
 
実際に名刺を持って、会社の顔として過ごす長期のインターン
短期では学べない、会社の在り方や、実際のビジネスの現場を経験できるのだと語ってくれました。
 

f:id:lagoonblog:20180807131851j:plain

 語学が得意であるという清家さんは、中国企業との取り引きも任されているんだとか

 

日々の業務はもちろん、社員ができなかったプロジェクトも、
インターン生それぞれの得意分野を活かして、成果を残しているのだそうで、 
今では大事なビジネスパートナーとの窓口も担当されているとのこと。すごいですね。
 
 
「みんな最初は原石、磨いてあげれば輝ける、という代表の言葉を大切にしています」
 
「これができないから来ちゃダメ、ということはなく、
それぞれの得意分野ややりたいことを持ち寄って、
そこで化学反応が起きる、何か面白いことが起こるんです。」
 
また最近では10年後20年後を見据えて、テントを縫う職人を育てていこうのため、
高校生に向けた授業や説明会も実施しているそうで、

目の前のことだけでなく、近い未来のことを視野に入れた活動に、本当に頭が下がりますね。。。 

 

f:id:lagoonblog:20180807130953j:plain

各国のテントのリサーチがしっかりと本にまとめられており、これらもインターン生が実際に写真を撮ってきたのだとか。
 
またインターン生によるブログ発信も、 1日50件、月に1000件のブログ更新を目標にしているんだそうで、あまりの数にびっくり!
 アメーバ、じゅげむ、Twitter、インスタグラムなど
ブログを見てくださった方から多い日で8件、連日問い合わせが来るんだそうです。
 
「ブログを書くことで、自社商品や市場の知識が高まり、
自分の書いたブログに直接お客様から反応があり、モチベーションが上がります。
問い合わせが来たら、見積もりの送付から仕入れ、梱包、納品まですべて担っています。」
 
現役のインターン生は6名。延期してこられているOBOGは3名。
そしていまや、卒業したインターン生は50名以上。
会社の社員さんが20名とのことなので、およそ1/3がインターン生ということになります。
 
組織化することで、マニュアル化され、
面談もインターン生で行い、教育はOBOGが担う、、。
素晴らしいサイクルですね。
 

f:id:lagoonblog:20180807134506j:plain

中央:1年間丸八テントでインターンを経験された外国学部出身の中村さん。

 

中村さんは、インドへ5ヶ月間の市場調査へ行かれたそうで、

熱波がひどいインドに遮熱テントで貢献できるのではないか、との思いから

進出を目論み、日本人の目からみた実際のインドを知りたい!ということで

インドの企業へ飛び込みに行かれていたのだそうです。

 

インターン生それぞれの特徴を活かしながら
WinWinの関係でプロジェクトを進めていくんですね。

これからどんなプロジェクトが誕生するのか、とてもとても楽しみです! 

 

 
最後に、社内のいたるところに使われている、
テントの生地でできた美しい三軸織りをご紹介いただきました。 
 
f:id:lagoonblog:20180806173854j:plain
 
このほかにも、カーボンなどの異素材とのコラボレーションも積極的に行われており、
丸八テントさんの拡がりと可能性を強く感じました。
 
ものづくりの地、名古屋だからこそのバイタリティですね。
 まさになごやのつくりて!
 
@hirano

 

 
株式会社丸八テント商会
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄5丁目7−10
 TEL : 0120-934-808