読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Social Good Design Room blog

プランニングオフィス・ラグーン発 Social Goodなモノ・コトを配信します

【名古匠コラム】マンションの地下から、人々を虜にするジャガードニットを作り続ける匠

なごやのつくりてvol.1 丸安ニット株式会社

前回、お知らせしていた名古屋の作り手を紹介するコラムが始まります!

f:id:lagoonblog:20150928110103j:plain

 

名古屋市西区、閑静な住宅街の中のマンションのワンフロアに足を踏み入れると、

私たちを出迎えてくれたのは、西ドイツ製のニットの丸編み機でした。

 

f:id:lagoonblog:20150928110138j:plain


ここは愛知県の地域資源にも認定されている、丸安ニット株式会社。

 

他に類を見ないジャガードニットを巧みな技術で次々生み出している、

知る人ぞ知る名古屋のニットの匠です。

 

丸安ニット株式会社のオリジナルブランド「maffon」を立ち上げた、

伊藤常務にお話を伺いました。

 

f:id:lagoonblog:20150928111020j:plain

 

「おれはこの場所から出て行った事がないんだよね」

 

創業84年の丸安ニット株式会社。

伊藤さんのお父様である先代社長が元々この土地で工場をしていたところ、

宅地化が進み、マンションに建て替え、工場を地下に作られたそうです。

 

宅地化に伴い、工場を郊外に移転させるという話は今でもよく聞く話ですが、

地下に工場を作ってしまうとは!とても斬新な発想です。

防音配慮がなされているため、マンションの前を通るだけでは、

まさか工場があるとは思いもかけない環境になっています。

 

f:id:lagoonblog:20150928111031j:plain

丸安ニット株式会社外観。現在はこちらの地下と2階に工場があります。

 

現在は地下に日本製の丸編み機が14台、2階には西ドイツ製の丸編み機が2台あります。

どちらもほとんどの機械がフル稼働しており、人気をうかがい知ることができます。

 

f:id:lagoonblog:20150928111148j:plain

f:id:lagoonblog:20150928111202j:plain

f:id:lagoonblog:20150928111054j:plain

針が上下するようにして編み上げられているニット。なめらかに編み進む様子は、まるでオルゴールの針のようです。

 

9年前立ち上げた「maffon」 が、ターニングポイント

 

丸安ニットが手がけるブランドは2つ。

リバーシブルジャガードニットを中心としたブランド「maffon」(マフォン)と

和紙を色々な形に変化させている「siffon」(紙ふぉん)です。

 

どちらも人気のブランドですが、最初にスタートしたのはmaffon。

それまでオリジナルブランドは作っていなかったという丸安ニット。

多くの企業が海外生産にシフトしていく中、国内生産への思いが強く

オリジナルブランドの立ち上げをし、発信していくことに踏み切りました。


9年前立ち上げた、このmaffon が一つのターニングポイントだったと言います。

 

なにもわからない手探りの中で、フラットな天竺のような生地ではなく、

変わった柄や目新しい柄が人気だという、消費者のニーズに気付いたそうです。

そして、それを実現するための技術とデザイン力が伊藤さんにはありました。

そこが、現在のmaffon ブランドの起点と言えます。

 

「どこにもない名前を作りたかったんだよね。

うちのニットのやわらかさが伝わるように、マフィンとシフォンの間をとったんだ」

男らしい伊藤さんからでた、なんとフェミニンな発想! 

伊藤さんの考え通り、他には無い、ここでしか手に入らない生地としてmaffon は

ハンドメイド好きを虜にし、人気ブランドに成長しました。

 

f:id:lagoonblog:20150928111118j:plain

出荷を待つmaffonの生地。創作意欲を刺激される可愛らしい生地たちです。

 

「オンラインショップでは、sold out ばかりになってしまって

申し訳ないが、生産が追いつかないんだよ」

 

今後の課題としては、生産力の向上とのこと。

maffon ファンは首を長くして待っていることでしょう。

また、メイド・イン・ジャパンとしてこのジャガードニットを、海外に向けて

発信していきたいという伊藤さん。

f:id:lagoonblog:20150928111109j:plain

左から、仕上がり品、編みあがり品(未加工)、編みあがり品裏面。
裏の余っている糸を切り、仕上げ加工をすることで、ニットがまるでニードルパンチや織物のような風合いに!
すごい技術力です。

 

伊藤さんの枠にとらわれない自由な発想と行動力は、

マンションの地下に工場を建設するという先代社長から

脈々と続いているものなのでしょう。

 

現在、後進の教育にも力を入れており、

「失敗してもいい。とにかくチャレンジしろと言っているんだ。」

 

自由な発想と行動力はまた、次の世代にも引き継がれていきそうです。

 

 

まさになごやのつくりて。

 


 

丸安ニット株式会社

名古屋市西区秩父通1-58 TEL:(052)522-2172

 

maffon ウェブサイト

リバーシブルジャガードニットmaffon(マフォン)

 

siffon ウェブサイト 

siffon [紙ふぉん] 和紙糸で作ったアイテムを販売

 


 

@hibino